だがし屋 パンダ茶館 

川越市にある小さな小さな駄菓子屋パンダ茶館のブログです
MENU

いい夫婦の日

20091123155106
11月22日はいい夫婦の日。

にもかかわらず、
私とひで坊はプチバトル・・・

発端は、
ひで坊がお昼ご飯を作ってくれようとしたのだけれど、私がまだ朝ごはんの食器やら鍋やらを洗っておらず、台所に立つひで暴の顔に明らかに「洗い物はめんどくさい」と書かれていたので「洗い物は私がするからひな太郎と遊んでて」と゛優しく゛声をかけたところ、「おまえは俺を馬鹿にしている」といきなり切れられたこと・・・

ひで暴のこうしたひねくれた言動はひな太郎が生まれた後からかいつの間にかに増えていき、一番いいのは「はいはい」と聞き流す事なんだけれど昨日は限界に達して「今のどこが私が君を馬鹿にしてるっていうの!」と言い返してしまいました・・・
そこからお互いとことん話し合い。

私が普段、彼がうつ病になるのではないかとどれだけ心配しているかなどなど心のうちをぶつけてみました。

彼としてはそう言う話題そのものがやめてほしいほど疲れてて、最終的には寝室で眠ってしまい、私はひな太郎と近所の公園へお散歩。

今のひで暴に私の言葉はきつ過ぎたかなと反省し、彼が食べたがっていた餡まんを土産に買って帰宅。お財布に200円しか入っておらず1個しか買えなかったので、ひで坊にお茶と一緒に出してあげたら、感激するひで坊・・・今の彼には言葉よりもこういう事が大切

私が食べていない事に気付いたひで坊・・・「おまえのは?」ときくので「私は要らない」と言うと、「だめ、一緒に食べるの」と半分にしてくれました。

なんか゛いい夫婦の日゛って感じでしょう?


そんな私たちですが、昨晩から今朝にかけてひな太郎のグズリ泣きが酷く、しかも泣きながら布団から出てしまう娘をその度に引きずり込み乳で眠らせていた私。

明け方はとくに寒くて、乳やり中は上半身が布団から出ていてやっとひな太郎が眠ったと思って布団に潜ると再びグズリ泣き

だんだん、隣でぬくぬくと布団にくるまって寝息をたてているひで坊に憎しみが・・・

そしてついに朝7時。
目覚ましの軽快なキラキラ星が鳴り出し、「いや~ひなの夜泣きひどかったね」とひで坊。

あなた、眠ってたじゃないですか!とプチ切れの私は「(あなたは)布団に入っていられただけましでしょう」と朝から毒づいてしまいました・・・

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://panda2001.blog101.fc2.com/tb.php/554-343bcb41
該当の記事は見つかりませんでした。