だがし屋 パンダ茶館 

川越市にある小さな小さな駄菓子屋パンダ茶館のブログです
MENU

悲しいクリスマスイブ




クリスマスイブ☆

ひな太郎と私は今日もリンゴクッキーを焼いて、
明日に食べるクリスマスケーキのためのスポンジ作りをしました。
それから、牛スジを使ったビーフシチューの仕込み。
一日中、クリスマスのための料理作り。

明日は待ちに待ったクリスマス。
カレンダーに印を付けながらずっと楽しみにしていました。
ひな太郎はゴム製のお馬の乗り物”ロディー”ちゃんに、
「あおちゃん」と名づけて、サンタクロースが連れてきてくれることを
心待ちにしています。

でもね、

夕方になって、私の怒りをかったひな太郎。

謝りながら泣き喚く娘(>_<)

「じゃぁ、さぁ、サンタクロースにあおちゃんいらないから、
ママと仲直りしたいってお願いすれば」と意地悪な私。

そしたら、
「あおちゃんいらない、ママと仲直りしたいよ」と泣きながらお願いしたひな太郎。

「今日はクリスマスだから、人をゆるす日だから、ひなちゃんのことも許してあげるよ」

そんなわけで、ひな太郎と仲直りをしたけれど、
あおちゃんはもう来ない・・・
悲しい気持ちで、二人してラグマットに寝転んで
腕枕しながら、

『人が喜ぶことゲーム』をすることに。

私はひな太郎が喜ぶと思うこと、
たとえば、「一緒にダンボールで汽車ごっこする」と言えば、
ひな太郎が「それいいね。ひなは、ママにお花をあげる」
といった具合に、お互いが喜びそうな事を言い合うゲーム。
たくさん言えた人が勝ち☆

そして、パパが帰宅。

夜ご飯にみんなで手作り餃子を食べつつ、
「ひなちゃんのいい所」を会議しました。

そして、私が今夜サンタクロースを探しに行って、
直接ひな太郎のいい所を伝えて、
あおちゃんを届けてくれるようにお願いしてみることになったのです。

サンタクロースに会えたらと、りんごクッキーを袋に詰めて。

ひな太郎は「ママが事故にあわないか心配」とうれしい事を言ってくれました。

「じゃぁ、ひなちゃんはちゃんと眠っててね」

「ひなは一人で畳の部屋で寝るから」

「バイバ~イ」と家を出た私。

とりあえず、コンビニで買い物して、
20分ぐらいで帰宅。

パパに添い寝されて和室で布団にもぐっていた娘。

私が、「ダメだった~、サンタに会えなかった」と言ったら、
むくっと起きて、

「ちゃんと人に聞いたの?」・・・厳しい一言

「ママ、お外すごく寒いけど、もう一回探しに行ってくる」

「雪降ってるの?」と娘

「降ってないよ」

「風つよいの?」と娘、

「風は吹いてない」・・・自分はちゃんと眠るからママは早く探しに行けと言わんばかりに
家を出されて2度目のサンタクロース探し・・・

あまりに寒いし、
家の前にずっと立ってるのも不審者みたいだし、
とりあえずこっそり玄関に入って待機。

しばらくしてひで坊が「眠ったよ~」と呼びに着てくれたので、
ようやく部屋に入れました。
ひな太郎が声を聞きながらうとうとしてる可能性があるので、
念のため小芝居を続ける私たち。

「サンタクロースに会えたよ!」
「えー!よかったね」
「あおちゃんも一緒だった!今晩来てくれるって」
「いつくるの?」
「まだ他のお家にもプレゼントを届けに行くから、時間は遅くなるみたい」・・・てな感じ☆

明日はひな太郎にとって楽しいクリスマスになりますように。
私も極力怒らないようにしよう(^^;)

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://panda2001.blog101.fc2.com/tb.php/899-e810ad77
該当の記事は見つかりませんでした。