だがし屋 パンダ茶館 

川越市にある小さな小さな駄菓子屋パンダ茶館のブログです
MENU

福ちゃんのご紹介

P1110075.jpg

名前:福丸(ふくまる)
種類:文鳥
性別:不明
年齢:1ヶ月半ぐらい

新しく家族になった福ちゃん。
まだ、ひとりでご飯を食べられないため、
さし餌が必要な小さなヒナが我が家の2代目文鳥となりました。
今年の春に逝ってしまった1代目文鳥の春太郎(ちゅんたろう)が
ヒナだった頃が懐かしい♪

ほんとうは、
ひで坊は新しく文鳥を飼うことを反対していたんだけど、
私は日に日に寒さが増すせいか、
春太郎の体のぬくもりを思い出してますます、
文鳥が恋しくてしかたなく、
しかもヒナが出回るこの季節…

この間もブログに書いたけど、
庭の雀たちを見ては悶々としていて、
気が付けば、ひで坊が二泊三日の研修中にホームセンターの小鳥売り場へ。

「こっそり二階で育てよう!」と変な決意をしてしまい、
紙の小箱に入れられた小さな命をつれて帰っちゃった訳ですよ(^ш^)ノ

P1110082.jpg
↑写真は私のさし餌が下手な為、「はやく食べさせろ」と言わんばかりに
カップに乗ってごはんを要求する福ちゃん♪

でもって、その日の夜と次の日と、
ひな太郎にばれないように、
こっそりさし餌をあげたりしていたのだけれど、
二日目の昼には私に慣れて手乗りになってくれて、
三日目の朝には私を呼んで「ピーピーピーピー(ごはんちょうだい!)」と大鳴き。
怪しむひな太郎をなんとか誤魔化して保育園に行かせました。

夕方にはひで坊が研修から帰宅。
福ちゃんがお腹がすいて鳴き出したらさすがにひで坊は誤魔化せないなと、
喧嘩を覚悟で正直に文鳥を連れ帰ったことを話すことに決めました。
とりあえず、ひで坊のマッサージをしながら、
ちょっといい子ぶってみたりして、
「実は、ひで坊とひなちゃんに重大発表があるんだけど~」
「実はね~」
「実はね~」
「あのね~二階で文鳥を育ててるの~(^^)テへ♪」みたいな感じで告白!

ふたりともビックリで、
「いつから飼ってたんだ!!!!」っとひで坊。

なんだかんだと不満を言いつつも、
福ちゃんが可愛くて仕方がないひで坊のようです♪

ひな太郎は水色のセキセイインコをサンタクロースにお願いするつもりだったけど、
今年のクリスマスは「福ちゃんが長生き、パパとママも長生き、ひな太郎も長生きすることをお願いすることにした!」と言っております(笑)
サンタクロースは神様じゃないけどね(^^;)

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://panda2001.blog101.fc2.com/tb.php/974-7d8b87a8
該当の記事は見つかりませんでした。